神待ち掲示板

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

家出掲示板で、偶然知り合った2人男性と意気投合しました。彼の家で飲んでいると高級ワインを運んできてくれて、口移しで私に飲ませてくれたりしました。
その流れは、とまどうヒマもないほど、ものすごく自然な流れでした。かなり女性の扱いに慣れている感じです。2人が事前に打ち合わせでもしていたのか、大人だからなのか、3人でそんなことをしているということに、まったく違和感を覚えなかったんです。
それどころか、彼らの作る雰囲気に飲み込まれた私は、すっかり体の力を抜いて、シャツ上から胸を揉みしだく手の感触や、ひざまずいて脚にキスをしながらストッキングを脱がし始めた男の愛撫に、あっという間に身悶えしていました。
家出していろんな男の家に泊まりましたが、これほどのテクニシャンは、初めてです。すぐにアソコが濡れたのが分かりました。股間の湿度はMAXです。
そんなふうに直前でじらすのは、彼の得意技。私が、ほしくてほしくて我慢できなくなって、自分からおねだりするのを待っているんです。
女性経験が多くないとできない芸当です。
興奮しすぎて、恥じらいも無くしていた私は、2人の手で服を?ぎ取られ、抱えられながら広いお風呂場に連れて行かれました。
お風呂でのセックスは、初めてでした。今までは、彼氏とも恥ずかしくて断っていたのです。でも、その時は気持ちよすぎて断る選択肢はありませんでした。 風呂場では、立ったままの家出娘の私の汚れた体に、泡だらけの手が4本伸びてきて、ねっとりと絡みついてきました。
石鹸のぬるぬる感がさらに気持ちよさを増していきました。俗に言うローションプレイと言うものなのかもしれません。
2人に大きくはないけれど形がよいとほめられるバストが、マシュマロケ?キのように泡まみれにされ、片方ずつ2人の手でソフトそして時には、激しくもまれました。
そして皆から、幼い顔に似合わずムッチリしていて色っぽいと言われるお尻には、力チカチでビンビンのぺ二スが押し当てられ、こすりつけられてきました。
もう絶頂を迎えそうでした。
そして、どちらの手かわからないけれど、充血しているクリトリスを、泡をつけた指先で転がされ、感じすぎてしまった私は脚をガクガクさせながら、絶え間なく襲いかかってくる快感に、大きな声で喘ぎ声を上げ続けました。
男の優しい愛撫に悶えながら、夢中でもう一人の男をフェラチオしいると、さらに硬さが増して大きくなりました。
そして、お尻に突き立てていたペニスをヒクヒクさせていました。ムズムズしていた膣の中のヒダを引き裂くような勢いで、挿入されそうでした。
こんな経験ができるのは、家出掲示板だけです。あとくされが無い他人ですからね。知り合いだとどうしても恥じらいが出るんです。 テクニシャンの男が腰を突き上げるたびに、お湯が激しく波打ち、フワフワと浮いている私の体は股間ばかりか、全神経を強く、優しくいたぶられ、激しく忘れられないような刺激を継続的に与えられながら、底知れぬ快楽の世界へと自然と誘われていったのです。
指先でクリちゃんを刺激されながらペニスを突き立てられているうちに、私は今まで経験したことが無いレべルの頂点に達してしまったのでした。
震えの止まらない私の汚れた裂け目は、亀頭を思いっきり締め上げたまま、放そうとしませんでしたが、彼は私の体を気使って、射精をこらえてくれていました。
彼は、射精をコントロールできるようです。
私は恍惚としながら、それでもまだ満足していませんでした。私の絶頂は一度では終わないんです。最低でも3回は行きたいんです。
これは、家出して神待ちする間に何人のも男に抱かれて満足するハードルがだんだん上がってきたのです。
風呂場でのエッチが終わって、ていねいに体をふいてもらった私は、今度はベッドに寝かされました。
男3人がゆうゆうと寝れると思われるベッドは、3Pには十分すぎる大きさでした。神待ちサイト

当たる電話占い体験談が女性に占いが人気

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

占いは古くから多くの人々に利用されてきました。その中でも、どちらかと言えば男性よりも女性に人気があります。どうして当たる電話占い体験談は女性に人気なのでしょうか?少しその謎に迫ってみましょう。

まず、男性と女性の思考パターンの違いが挙げられます。ヒトはお母さんのお腹にいる時から、大量のホルモンを浴びて成長していきます。この時、性別によって男の子は男性ホルモンを、女の子は女性ホルモンを大量に浴びて成長します。その時点ですでに男性的な思考になるのか、女性的な思考になるのかが決定するとされています。

女性は直観力や感覚的能力をつかさどる右脳の働きが優勢な人が多く、そのため科学などの理論だけでは説明できない占い、またスピリチュアルな事柄に対しても、疑うことなくすんなりと受け入れられる人が多いのかもしれません。

また男性は独立心が高い人が多く、何か問題が起きても一人で解決しようとする傾向があるのに対し、女性は普段から協調性を好みます。なにかつらい事があった時、とにかく誰かに聞いてもらい、共感してもらう事で安心できることが多いです。

占いの場面もこれに似ています。どうしようもない悩みが出てきた時、女性は初対面の占い師さんにもその悩みを打ち明け、アドバイスを求める事に抵抗がありません。そして、男性よりも素直に他人のアドバイスを聞き入れやすい人が多いです。男性よりも女性の方が他人に依存しやすい人が多いとも言えます。これも占いが多くの女性に支持されている理由だと考えられます。

恋愛関連の占いは特に女性に人気です。女性は恋をすると、常にその相手の事を考えてしまう傾向があります。頭がその恋の事でいっぱいになり、ちょっとした事で思い悩み、その相手は自分の事をどう思っているのだろう?と考えてしまうのです。またその人の事をもっともっと知りたくなってしまいます。さらには、その相手との将来の事も考えはじめます。そのような時、占いに頼る人が多いのです。

また女性は恋愛願望や結構願望がある人が多いです。次の素敵な出会いはいつ頃なのか等を占ってもらい、それを楽しみに自分磨きに精を出せるのです。この時、占いが当たっても当たらなくても、それはそれとして楽しめるのも女性です。男性の場合、悩み事がある際、相手に話し場合には解決策を求める人が多いです。一方、女性はその悩み事が解決することよりも、自分の話に耳を傾け、共感してくれるだけである程度満足できます。そこに常に解決策を求めているわけではないとも言えます。

このような女性の行動、思考パターンが、占いを抵抗なく利用し、アドバイスを聞き入れられる事と関係しているのではないでしょうか。また、その結果が自分にとって受け入れがたい場合でも、話を聞いてもらえた事で、割り切って楽しめるのは電話占い好きの女性ならでは、なのかもしれません。

占いでただただ話を聞いて欲しい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

一般的に女性は占い好きと言われていますが、私のそのうちの一人です。

最近は以前ほど占いに行かなくなりましたが、学生時代はことある毎に占いに通っていました。思春期で思い悩むことが多い時期は話を聞いて欲しくて、アドバイスが欲しくて占いに依存していたように思います。

話を聞いてもらうだけなら友人でも良いのですが、タロット占いや西洋星占術、手相占いなど目に見える形で結果を導き出し、アドバイスをくれることが占いにハマったきっかです。

また誰にも話せない悩みも女性は多く持っていると思うので、占い師さんになら話しやすく、いろんな人の話を聞いてきている経験上、的確なアドバイスをくれるのも魅力の一つでハマる要因だと思います。占いに通うようになったきっかけは占い好きの友人の誘いからでした。

最初はお決まりのいつ彼氏ができるのかが聞きたくて占ってもらい、何回か通ってるうちに気になる人ができた時にはその人との相性を占ってもらいました。何回も通うと占い師さんも私のことを覚えてくれるので、さらに話しやすくなり相談に通うようになりました。

私のエピソードが占いに依存する典型的な例だと思います。占いにハマったもう一つの理由はたくさんの種類の占いがあることです。いつも同じ占い方法だと人間飽きてきたり面白みがなくなるので、占い方を変えると新鮮で楽しくなります。

就職活動で不安になったときはいつもと違う、初めて霊視をしてくれる占い師さんを訪れました。霊視には少し怖いイメージがありましたが、「何も見えません」とは言われず、安心したのを覚えてます。スリリングさはありますが、今まで行った占いの中で一番よく当たってたように思います。内定がでる業種とや過去の自分のこととか何も話していないのに当てられてしまうと、「すごい!面白い!」とまた占いにハマってしまうポイントの一つですね。占いで良いことをアドバイスされると何故か安心します。気休めだと思うこともよくあります。

あまり良くないことや悪いことを言われた時は、たかが占いだしと脳の中で変換されています。都合よく良い時も悪い時もモチベーションを上げたり維持したりするきっかけになっていると思います。

気持ちの乱れがある時は一種の精神安定剤的な役割もあるので、占いに行くのも選択肢の一つだと思います。しばらく占いに行ってないので、いつ運命の人に出会え、結婚できるのかを聞きにい占いに行こうかと思います。

女性が占い好きな理由!占いだけがくれるものとは?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

占いが好きな人に女性が多いのはどうしてでしょうか。
それは「占い」というものが一体どのようなものなのかということにも理由があります。

占いというのは、「当たるも八卦当たらぬも八卦」と言われています。
当たっても当たらなくてもそれは占いだという意味ですね。つまり占いというのは、こうだと言われたとしてもそうなるとは限らないものです。
そんなあやふやなものがどうして女性は好きなのでしょうか。

占いをしたことがある人は経験があるかと思いますが、「どうしてこの人はこんなに私のことが分かるのだろうか?」と感じることがあります。
占いでは万人に当てはまるようなことを、曖昧に告げて、占いの信憑性を高めます。
例えば「あなたは辛い過去をお持ちですね」と言われれば、何かしら当てはまるものです。程度の差こそあれ辛い経験をしたことがない人はいないはずです。
そして占い師というのは非常に洞察力の高い人ですので、少し話しをして相手の態度を見ているうちに占う相手がどういう人物かも分かります。
そこで「あなたはこういう人だ」と言われるとすっかり信じてしまうものです。

占いの核心に迫ったときには、対象者の背中を押すような占いをします。
例えば「恋人と別れようか迷っている」と言われれば「別れたほうがいい」と言いますし、「結婚してもいいのだろうか」と言われれば「結婚しなさい」と言います。
どんな答えを求めているか、求められている答えを与えるのが占いなのです。

そしてどうして女性が占いを好きなのかということですが、自分の求めている答えをくれるから占いが好きなのです。
女友達に相談したとしても、自分の求めている答えをくれるとは限りません。むしろ自分がこうしたいと思っているのに、女友達の場合は全く反対のアドバイスをすることもあります。
さらに相談に乗ってもらっておきながら反対のことをすれば、人間関係も壊しかねません。

だから占いに行くのです。占いなら自分の人間関係を壊すようなことはありません。
女性は迷っているといいながら大抵もう自分の中で答えは出ているのです。よく女性はショッピングであれとこれのどちらにしようかと迷うことがあります。
こんな時にも女性の心の中ではすでに答えは出ているのです。
真に受けて真剣にどちらがいいと答えても、その回答とは無関係に女性は商品を選ぶはずです。

つまり占いに求めていることというのは、女性は自分の決断に対して背中を押すということだけなのです。
女友達や彼氏では自分が欲しい答えをもらうことができません。求めている答えをくれるのが占いだけなので、女性は占いが好きなのです。

テレビで○○の占い師さんがよく当たると放送されれば翌日は長蛇の列、年が明けると気になる年間星座占い、またそれだけでなく、四柱推命や血液型占いなどジャンルの異なる占いも入念にチェック!
「そんなに見ておもしろいの?なんでそんなに占いが好きなの?」
男性であればそんな疑問が湧いてきてもおかしくはありません。
なぜ占いは女性を虜にしてしまうのか?
今回はそんな疑問について徹底究明しました。

【元々女性は男性に比べ依存度が高くつくられている・・・】
女性に占い好きが多い理由はいくつかあげられます。
一つは、女性は男性よりも何かに対する依存度が高いということです。
これは女性が生き抜くために本能に組み込まれたプログラムでもあります。
古代より、女性は自らの力のなさを男性に頼ることで補って生きてきました。
その為「頼る」ということが得意な生き物なのです。
そんな本能から占いにも「頼る」ということをしてしまいがち。
特に恋愛体質の女性はこの兆候が多く見られます。
あなた、男性の方であれば彼女はどうでしょうか?
そう考えてみると面白いものですね。

【占いは現代に生きる悩み多き女性の拠り所!】
近年、女性の社会進出が急速に進んでいます。
仕事ではバリバリキャリアウーマンとして働いているのに、実は占いジプシーという方も結構存在します。
これは、女性の選択肢が増えたことにともない悩みも増えたのが原因になっているようです。
女性は元々「守る」ということを得意としています。
家庭を守る、子供を守るなど。
しかし、社会進出したからには常に「選択」が迫られます。
これは守りではなく攻めの能力が求められるため、女性にとっては一つ一つの選択にいつも以上のエネルギーを使ってしまうのです。
時には、誰かの助言も聞きたい...助けてほしい...
そんな苦しい思いを占いを拠り所にすることで軽減しているのでしょう。

【占いを見ながら自分を客観視している!?】
どんな占いを好むかは人によって様々ですが、占いを好きな女性は占いに書かれた内容と自分の今の環境とを比べます。
そうすることで、今置かれている自分の現状を客観視するという作業を自然と行っているのです。
占い師に占ってもらった後や、長い占いを読んだ後、さえなかった表情が急にスッキリ変化した女性を見たことがありませんか?
占いはただそれを読むだけでなく、心の中で今の自分と比べ折り合いをつける効果があるのです。
自分で行うメンタルケアといっても過言ではありません。

このように女性は様々な理由から占い好きになる傾向があります。
でもそれは全くおかしいことではないのです。
人生のすべてを占いに委ねるなど、度を越してしまうのは問題かもしれませんが、そうでないのでれば暖かく見守ってあげましょう。

占いが女性を虜にする理由について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

あなたの周りに、占いが好きな女性はいらっしゃいますか。今年の運勢は良いかもしれないとか、占いをしたら鑑定士にこう言われたとか言っておられる方がいるかもしれません。占いと一口にいっても、その鑑定方法は実に数多くあります。話しをしたいときは、電話占いをして、鑑定士に相談し、人の深層心理や、運勢や未来や将来に対して知ることができるものです。占いが完全に運勢や未来を当てることが出来るものではないことは、分かっていても、女性が虜になってしまうのはなぜでしょうか、三つの理由についてお伝えしたいと思います。

女性が占いが好きな理由の一つ目は、占いをすることによって秘密を話すことのできる話し相手ができることです。子供のころと違い、大人になると、そう気軽に内面や本音を他人に話すことは出来にくくなります。ストレスを話したくなった時は、秘密が他に漏れない占いを利用して心の悩みごとなどを鑑定士に話すことが出来ます。日ごろの悩みやストレスを話すことによって、ストレスを解消し、明日への活気へと繋がっていくのであればこれは良いストレス解消方法ではないでしょうか。

二つ目に好きな理由は、人生の決定をどうすればいいかわからないときに占いは大変有効です。例えば、今年何か新しいことをしたいと思っていて、これが成功に終わるのかそれとも失敗に終わるのか気になったことはないでしょうか。あらかじめ、占いで自分の運勢を知り、今が良いタイミングかどうか分かっていることは新しいことを始める自信につながります。仮に、今年は運勢が悪いと言われても、上手くいくためにどうすればいいかも占いで知ることができますから、先走ることなく冷静に物事を決めようと思えます。人生のタイミングを知ることが出来ると、将来に対する得体のしれない不安も、少しは緩和されて日々を過ごすことが出来るのではないでしょうか。
最後の三つ目の理由ですが、目に見えない不思議な力を知りたいという心があるからでしょう。人生は思い通りいきません。不可抗力でトラブルに巻き込まれることもあります。そんな理解のできない人生のトラブルにあった時、人は、目に見えない力を感じて、自分で答えを出すことができず理由をどこかに求めたくなるかもしれません。女性は感情に左右されやすい傾向がありますから、このような不思議な力を信じてしまうことが往々にしてあります。

女性が占いを好きな理由についてお伝えしましたが、はっきり言って、占いが必ず当たることはありません。しかし、人生には常に迷いがつきものですから、占いを上手く利用して人生のアドバイスとしていくことは悪くはないことなのかもしれません。